私が初めてプリマリタル・カウンセリングを知ったのは、婚約後フィアンセとともにアメリカで生活していたときでした。劇的な出会いを体験し、出会って一週間でプロポーズ、三ヶ月後には婚約し、いざ結婚!とハイスピードで突撃していた二人でしたが、どうした訳か二人の間にはすれ違いが絶え間なく発生するようになっていったのです。これほど強く想いあっているのに、どうしてここまでお互いを傷つけあってしまうのだろう?

 

そんな疑問を抱くもんもんとした日々が続くなか、ついにはフィアンセから「このままでは結婚できない!」とまで言われてしまったのです。

動揺した私は、私たちが通っていた現地の教会の牧師に相談しました。すると彼の口から「プリマリタル・カウンセリングを受けなければいけない」という言葉が飛び出したのです。 

 

「男である僕にはお前の考えていることがよくわかる。けれども、彼女にはそれは通じないんだよ」彼はそう言い教材を渡してくれたのでした。それをみたとき、まるで自分たちのすれ違いを見透かされていたかのような内容に、私は目からウロコが落ちるほどの衝撃を受けたのです。

そのとき私は発見したのです。「自分は、基本的な男女の違いを全く知らなかった」ということを。

このときの衝撃が、後の私の人生を大きく変えることになりました。

帰国後、私は自分が学習したことを、セミナーという形で人々に提供することを始めました。すると多くの反響をいただき、その内容が書籍化され、多くの方々の共感を得るものとなったのです。

 

これによって、私のプリマリタル・カウンセラーとして人生が本格的にスタートすることになったのでした。

 

折からの婚活ブームにのり、多くの方々が結婚情報サービスを利用するようになり、合コンやお見合いパーティーなども活況です。現在もおよそ一分に一組のカップルが誕生しています。しかし同時に約2分に一組のカップルが離婚しているのです。

 

男女が一緒に生きていくというのは、骨の折れる人間関係です。好きになったからとか、条件があうから、などという理由だけで一緒になっても、長く続く関係を築き上げることはなかなか難しいものです。

 

私は多くのカップルとの対話を通して、一つのことを確信を持って言うことができます。それは、「駄目になるカップルは駄目になることをしている」ということです。

 

そして、それは「知っておくべき基本的な男女の傾向の違いや、対応策についてのちょとした知恵についての知識不足」から起こることなのです。
知っていたら、防げた破局はいったいどれだけあるかわかりません。
必要以上に傷つけあわずにすんだ二人は、数知れません。

プリマリタル・カウンセリング協会理事長ご挨拶

                 

プリマリタル・カウンセリング協会は、カップルの関係を、より快適に、よりスムーズにするためのスキルを提供することで、大切なパートナーとの出会いを長く継続させるためのお手伝いをさせていただくことを目的に設立されました。
 
結婚前のカップルを対象にした「プリマリタル・カウンセリング」を初め、結婚後のポストマリタル・カウンセリングや、恋愛や結婚についての総合的な悩み相談に応じることを柱に「男と女の心理学講座」や女性独自の視点から女性だけを対象にした「ウーマンズ・スタディ」など、カップルの関係にお役立ていただけるリソースを提供させていただいております。
 
すべては二人から始まります。
二人があって、家庭がうまれ、家族へと発展するのです。この二人が豊かに祝福され、健全なる相互理解と相互扶助精神に満ちあふれるとき、それそのものが社会秩序への寄与であると信じます。
 
また現在日本では、一日に一万人が人工妊娠中絶によって葬られてしまっています。実に年間で360 万人が生まれることを許されなかったのです。少子高齢化の背後には、堕胎という現実が横たわっています。
 私は、男女の健全なる相互理解こそが、男尊女卑を払拭し、望まれない妊娠を減少させ、ひいては、少子化問題にも光を投じるものとなると信じております。
 プリマリタル・カウンセリング協会は、その活動を通して、社会に貢献することを願い、日々努力してまいります。
    
              

プリマリタル・カウンセリング協会

理事長石井希尚

Follow us for more updates

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page

Opening hours.

Monday~Saturday 10am~19pm

Sunday                   14pm~19pm


〒182-0002 

東京都調布市仙川町1-23-5
TEL:03-3326-8587
FAX:03-3326-8583
E-mail:office@marre.jp